肌の水分量が減る!

ヒアルロン酸

お肌は20代の後半からすでに老化に向かっているとか。
徐々に肌の水分量が減っていって、しわやたるみを少しずつ作っているんですね・・・

 

コワいのが少しずつ・・・徐々に衰えていくというところ!
毎日自分で顔を見ていると、衰えに気づきにくいものなのです。

 

そしてある日、「えっ?私ってこんなに老けていた?」と愕然とするわけです。

 

なので、20代も後半になったら「自分は衰えつつある」ということを認識しておきたいですね。
今はまだ大丈夫でも、安心しているとある日突然ショックを受けるかもです。

 

40代くらいになったら、たるみやシワ、フェイスラインの崩れはハッキリわかります。
20代のころと比べると明らかに他人の顔。

 

ここまでくると何か手を打とうと思うものだし、エイジングケアコスメを使っている人も多いと思います。

 

でも・・・、できればしわやたるみをハッキリ自覚する前から使っておきたいと思います。
私も30代までは油断していてほとんどエイジングケアをしませんでした。

 

化粧水もこだわりを持たずに適当なものを使っていました。
でも、ヒアルロン酸入りの化粧水や美容液に変えてみたところ、全然使い心地が違いました!

 

毎日つけていたら、気になる粉吹き状態も収まって、お化粧もきれいに乗るじゃありませんか!
化粧品だけでこんなに違うのね〜、と改めて思いました。

 

 

ヒアルロン酸はプルンとしてテクスチャーのものが多いですね。
少しまったりしているのですが、べたつくことがなく肌への吸収もなかなか良かったです。

 

と言っても、製品によってテクスチャーも違うのでいいヒアルロン酸コスメを選ぶことが大事ですが。
目安としては添加物が少ないもの、オーガニック化粧品などもいいですね。

 

そして、使ってみて肌の上に残らずきちんと吸収されていくものがいいと思います。
品質のいいものは、あっという間に肌に吸収されていって肌表面はさらっとした感じになります。

 

それでいながら肌は内側が潤っている感じでもっちり!
こういうのを使い続けていくと、乾燥で肌がポロポロすることもないし、ハリも感じられるようになります。

 

 

しわやたるみにはマッサージもいいので平行してやるといいですね。
化粧品だけより肌に積極的に働きかけるとたるみなどは改善が早いです!
自分でマッサージをマスターして時間があいたときにやるのがおすすめです。

 

もし面倒くさかったら美顔器を使うのもいいと思います。

 

 

マリオネットライン、ほうれい線、ゴルゴ線などが出てくると要注意です。
弛んだ顔は10歳くらい上に見られてしまうので普段からチェックしていきたいですね!